ここ満福寺は、讒言を受けた源義経が兄の頼朝との和解のため、鎌倉に入るべく、一時宿所とし、兄への手紙を書いた寺である。
満福寺が相模国腰越にあったため、その手紙は「腰越状」と呼ばれる。

満福寺には、「腰越状」の下書きをしたためたといわれる弁慶ゆかりの〝もの〟がたくさん残されています。
弁慶の腰掛石、弁慶の手玉石というものもあり、また「腰越状」を書く時に墨を摺る水を汲んだ硯の池、弁慶手沢の椀、錫杖等々……。

義経がここを宿としたというのは、腰越が源氏と関わり深い地であったことを示しています。
義経を主人公とする能「八島」の前シテが老いた漁師であるというのは、義経と漁民との関係を秘かに語っているのかも知れません。

寺紋は笹竜胆で、満福寺が源氏ゆかりの寺であるということを示しています。